花見会場からピックアップ即

導入

こんにちは、松本です。
春と言えば、花見!
今回は、花見会場でのナンパです。
基本ぼっちなので、仲間と花見をする、
ということは無いのですが、
気分を味わう為に神社に併設された会場へ。
仕事帰りに寄りました。
女性は大学時代の男女友人グループでの花見、
白いブラウスからの胸の膨らみ、
ジーンズのむっちり具合がたまらなく、
早速声掛け!

声掛

売店でお酒を選んでいた所、

「お酒、迷ってるの?」

いつも通り普通の声掛け、会話。
少し酔っているのか、ほんのり顔はピンク色。
自分が仕事帰りであること、
女性は花見中であることなど会話。
花見グループがつまらない、とのこと

連出

買ったお酒を仲間に渡しに行かせ、
少し離れた所にあるベンチで話すことに。
ナンパ師の使命は、楽しさを提供すること。
つまらない世界にフラッと楽しい奴が現れると、
女性は喜びます

時間が少し遅く、肌寒くなって来ていました。
寒い、つまらない、
条件は揃いました。
ベンチから立ち上がり、手を繋ぐと、
「バッグ、取ってくるね」とのこと

神社を出て、近くのホテルへ・・・

寒さで酔いが醒めたようだった。
しかし、寒い、つまらないという
感情が強く、勢いでついて来た訳ではなさそう

正常位では、
「ギュッとして」
とせがんで来ました

まとめ

ナンパ師の使命、
楽しさや温かさを提供する

女性
気軽にフォローして下さい!最新情報をお届けします