街に出て声を掛けるまで

こんにちは、松本です。
前回は、声を掛ける場所について書きましたが、
今回は、その場所に着いて声を掛けるまで、
について書きます

「ナンパしに街に出ても、何をしたら良いか分からず、
結局地蔵してしまった」
そんな経験無いですか?
声を掛けないと何も始まらないので、
この記事を参考にしてみて下さい

まず街に出て考えること

街に降り立ち、
「この街は俺のモノだ!!」
と思って下さい。
このマインドめちゃ重要です

釣りが好きな人が釣り堀に行って、
他に釣り人がいなければ、テンション上がりませんか?
「魚、釣り放題やん!」
ナンパも同じ。
街に出てナンパしている奴なんていません。
実際にはいるのですが、目立ちません。
正しくブルーオーシャンです

ネガティブな人って、
街全体から無視をされている、
疎外感を感じてしまうのですが、
それではナンパは難しいです

ゆったり歩き、すばやく近付く

ナンパをする時は、街を歩きながらが良いです。
人の流れに沿い、声掛けがスムーズになります。
また止まっていると、初めの一歩が重く感じる時があります。
更に単純に動いている方が身体を鍛えるという意味でも良いです

で、歩く時はゆっくりです。
これは、ターゲットの女性や周りの状況を的確に把握し、
声掛けに活かす為です。
何て声を掛けるか、その女性に合った声掛けをする為に
非常に重要で、これをすることで成功率はかなり上がります

そして、声を掛けるターゲットには素早く近づきます。
どこかへ行ってしまう前に、声を掛ける為です。
ここで躊躇してしまう場合は、まだまだ準備不足です

私が尊敬するナンパ師・岡田尚也さんもおしゃっていましたが、
街で声を掛ける時は、その街を吹き抜ける風をイメージしましょう

姿勢、距離、ポジショニング、表情、目線

当たり前ですが、背筋を伸ばし、姿勢良く。
姿勢が悪いと自信無さげに見えます

ターゲットの女性との距離はやや離れるくらい。
人にはパーソナル・スペースというモノがあり、
あまり近付き過ぎると不快感を覚えます

立ち位置は女性の斜め前くらい。
前でないと、お互いの顔を見合えないからです。
また斜め前なのは、進行方向を塞いでしまうと、
単純に迷惑ですし、逃げられてしまいます

表情は笑顔ではなく、
真顔もしくは口角を少し上げる程度が良いです。
初めから笑顔だと何が面白いのか意味が分かりませんし、
相手からするとニヤニヤに見えることが結構あります

目線は女性と合わせましょう。
その方が無視されません。
目線を逸らせてしまうと、自信無さげに見えてしまいます

まとめ

①「この街は俺のモノだ!!」マインド
②ゆったり歩き、素早く近付く。
街を吹き抜ける風になる
③姿勢良く
④斜め前、やや離れて
⑤真顔もしくは口角を少し上げるくらい
⑥目線を合わせる

女性
気軽にフォローして下さい!最新情報をお届けします